hi-bo's 

   ひーぼーの亜熱帯環境ラボ2012Document made with KompoZer

     


はじめに.

 21 世紀にはいり環境への意識はますます高まるだろうと思われた。しかし、不況、社会動揺が世界のあちらこちらで騒がれ人々の意識は社会の安定に向けられてい た。そこへ、日本における大震災、津波、原発事故と社会と人と国家をも騒がす事態が起こった。安全性の根本が問われ世界は脱原発への方向も取り始めた。日 本では大きな社会不安から「絆」がいわれ社会を見直そうとしている。おおきな人のうねりは世界中を不安と疑念の津波となって、環境への意識を忘れ去ろうと さえしている。しかし、環境が持つ確かさが社会を安定化させていくのは間違いない。放射能への不安は止まるところがなく、また同じようにさまざまな化学物 質が健康への疑問がもたれたり、遺伝子組み換えへの疑念も消え去りはしない。もちろん地球温暖化、気候変動も忘れてはならない。
 今日、人類は大 きなエネルギーの文明を作りえたその文明を享受するばかりでなくその代償ももちろん受けねばならない。しかしその代償をいかに小さくするか文明の次のス テージなのかもしれない。そこには、温故知新、現代の知恵ばかりが万能ではないと謙虚に考える事が人類を次の夢の世界へつれていくのかもしれない。そして 程よさの実感が環境の行きつくところだと思うが、現代は健康に対して「程よく知る」、生活にたいして「程よく暮らす」という、それぞれの理想の「程よさ」 が 社会を作り自然や周辺の環境をつくると思う。そのような大仰なことをこの田舎ではさほど考えないが亜熱帯の小さな島に住んで述べたいことを述べてみ る。

亜 熱帯の島に生きて.
 
 アネッタイ。住むに暮らすに良い処だという話もあるがアメリカさんのように大金を持っているわけではないので、到底ハワイとはいかない。この中途半端さ は自然環境的規制が大きいことともなるのである。
 自然環境的規制が大きいというのは、生物の活動がいわゆる春夏秋冬の季節的荒波を受けず、単調さと気象的荒波(台風)があるにすぎず、災害的耐性はあろ うとも生物として遺伝的、環境的耐性は小さいということである。
  それは、社会においても似たようなことがいえるようである。社会的に、いまだに「結い」にみられるように助け合い互助がある。裏をかえせば、精神的生存も 楽ではなくそれだけ厳しい社会的環境があるということである。つまり、社会における生存権的環境と幸福追求権的環境はゆるやかな中庸さはなく厳しい中庸さ しか成立していない。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

       次 のページへ