平田トップスターゆんちゃんのおすすめ動画一覧

アイドル動画ランク
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.シュガー
2.真鍋昌平
3.丸山圭子
4.五味康祐
5.原発不明がん
6.黄金時代
7.最遊記RELOAD GUNLOCK
8.待ち受け
9.抱きしめたい
10.ひぐらしのなく頃に 暇潰し編

アニメ動画ランキング
サンライズ ロボットアニメ大鑑 既に、8cmCDシングルで幾つかの作品の物は持っているのですが、ロボットアニメファンとしては、これは買わずにはいられない作品達が一同に介してます。

私が好きな『ダイターン3』『ザブングル』『ダンバイン』『ボトムズ』『エルガイム』『ドラグナー』以外にも、『ザンボット3』『トライダーG7』『イデオン』『ダイオージャ』『ダグラム』『レイズナー』『ライガー』『エクスカイザー』『ゴウザウラー』とキングレコードが関わっている作品の歌がたくさん収録されてます。

ロボットアニメファンからすれば「あの歌が収録されてないなんて・・・」とか「なんであの作品が入ってないんだ!」という意見もあるでしょう。
でも、同日発売の『ロボットアニメ大鑑』上、下巻とこのCDを揃えればかなりの作品をカバーできますし、このCDが売れたら第2弾の可能性もあるかもしれないですし・・・期待しましょう。

あと、同日発売の『ロボットアニメ大鑑』上、下巻を左にセットすると1つの大きな絵になります。流石キングレコード・・・この商売上手!(笑)。

また、ブックレット内の『疾風ザブングル』の「ザブングル」の所がなぜか「サブングル」になってます(笑)。サブングルじゃあ疾風じゃなく、そよ風レベルになっちゃいますって(笑)。

重戦機エルガイム リアルロボットレボリューション 1/100 エルガイムMk-2 永野護デザインというのは時が流れても鮮烈な印象を残しているのですが、その中でも非常に人気の高いエルガイムMK2のキット化です

正直待ちに待ったと言う感じで発売日当日に購入したのですが実際に組んでみて唖然としました

これは・・組み立てオモチャですね

塗装する事を全く想定していないパーツ割。
MG的なアプローチと捕らえても雑な内部フレームと外装パーツ

模型を作りたかった私としては至極残念な内容でした


プロポーション的にも寸詰まり気味な腕ともっさりとしたフェイスパーツなど
なんとなくバンダイのやる気や愛が感じられません

もはや出してくれるだけありがたいアイテムかもしれませんが、もう少し気合を入れてもバチは当たらないんじゃないかなぁと思います

悪くはないんですけどね

ジャッジII 島の裁判官 奮闘記 DVD-BOX 本作品はNHKドラマ「ジャッジ」の続編です。

前作から1年後の設定となっています。

ですので、前作から続けて観ていただきたいと思います。

前作・本作あわせて全部で10時間ですが、最初を観てしまうと必ず全部通して観てしまうことでしょう!

おすすめです!

以下は「ジャッジ」のレビューと重複します。続編ですので、どうかご容赦ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ジャッジ2が2008年10月25日(土)〜NHKで放送されていたときに、たまたま偶然に本作品を観ました。第2話の途中からでした。

いいドラマだったので、この作品の前作「ジャッジ」の最初の第一話から見れなかったことを後悔していました。

NHKのホームページを確認していたのですが、平成21年3月2日に『DVD化が決定!!』とのお知らせが発表されましたので、さっそく購入予約をしました。

本作品の最大の特徴である『裁判官が主人公』という設定は、ドラマ・映画において今までほとんどなかった画期的な設定です。

その設定だからこそ、一般の人はほとんど携わることのない「裁判」という世界を見事に描いています。

「被告」「原告」双方のあいだに入る『裁判官』が法の裁きを判断する。
しかし「裁判官も人間なんだよ」という当たり前の真実を伝えてくれる、良質のドラマです。

本作品のいいところは、変に脚色することなく裁判の世界が描かれていていることです。

実際の裁判は淡々と進行していくものなので、他の映画やドラマに見られる演出過剰な法廷でのやり取りなどは本作品にはなく、それがかえって実際の裁判に近しい雰囲気を伝えてきます。

脚本も素晴らしく、実際にあったことをアレンジしているのでリアリティがあります。

また「大美島」という架空の島の設定ですが、実際は奄美大島が舞台です。
南の島というロケーションが醸し出す雰囲気が、より人間味溢れるドラマにしてくれています。

私は沖縄が大好きでよく旅行に行きますが、今度は奄美大島へ旅行に行ってドラマの舞台を観て歩きたいと思います。

ドラマ全体から『いいドラマを製作するんだ!』という空気感が伝わってきます。
素晴らしいスタッフで製作されたのでしょう。

こういった良質なドラマをNHKは製作してくれるので、今後も期待したいです。

このレビューを書いているこの時期(平成21年4月1日〜6月10日毎週水曜日18:00〜18:58)にNHKのBSハイビジョンにて再放送されてます。
再放送されるということは、視聴者からのリクエストが相当あったということですね。

ぜひ、みなさんに観ていただきたいドラマです。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アイドル画像ランク

today:007 yesterday:011
TOTAL:73675